読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cross the river of the night

気になるもの、食べもの、いろんなことを書き散らします。

最近のラムネは、簡単にビー玉を取り出せるみたいで驚きました!

こんにちは、モンドです。

この間、お祭りに行って久しぶりにラムネを買ったんですが、最近のラムネは簡単にビー玉が取れるんですねー。
買ったのは、これです。

ペットボトルで、蓋部分がスクリュー式になっていて、簡単にビー玉を取り出すことができました!
思わず子供に昔は、ビンを壊さないと絶対に取れなかったんだよー。憧れのビー玉だったんだよー、と力説してしまいました。

ビー玉が取り出せるラムネ

ビー玉が取り出せるラムネは、ネジ式キャップの容器のハタ鉱泉のラムネ。
こちらは、ビンのラムネです。ペットボトルよりビンのほうが炭酸が抜けなくてよいとか。

トンボ飲料のラムネもねじ式です。

また、栓抜きで取り出す方式では、サンガリアの日本の味ラムネビンがあります。

ビー玉とラムネの関係、サイダーとの違い

元々、炭酸を抜けるのを防ぐためと再利用するためのビー玉でしたが、 最近は、他にも炭酸を密封できる方法があるので、もうビー玉の意味はありません。
でも、ラムネにはビー玉なんです。
トンボ飲料によると、「ビー玉ビン入りの炭酸飲料」がラムネ、そうでないのがサイダーという定義です。
うん、やっぱりラムネはビー玉ですよね。

ラムネとは|トンボ飲料

それでは、また。